敬老の日のエピソード

私は母の日・敬老の日のありがとう風呂の運営に関わらせていただき、発信や入浴木の発送準備などさまざまな取り組みをしていました。開催期間間近になると、メッセージ入浴木がずらっと事務所に集まり、1つ1つ読んでは心温まっていました。

しかし私は思いました

私は誰よりもありがとう風呂が好きで頑張ってる。でも私こそ大切な人にありがとうって言ってないじゃないか…

あああ
ああ
敬老の日、一緒に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんに手ぬぐいタオルをプレゼントしました。

“じぃちゃんばぁちゃん、いつもありがとう。長生きしてね”

82歳のじぃちゃん
“もうワシは先短いぞ~”と照れくさそうだけど、じぃちゃんの目はウルっとしていました。こんなちょっとしたことでも、すっごく喜んでくれたのです。

数日後、じぃちゃんは入院してなかなか会えなくなってしまいました。しかし、感謝の気持ちを伝えられて本当に良かったなぁと感じています。今でもお見舞いに行く度に笑顔を見せてくれます。これからも自分の気持ちは素直に伝えていきたいと思いました。

あああ

100のありがとう風呂は、あなたにとって“きっかけ”となる日です。

私も感謝の気持ち伝えなきゃ 家族に電話してみようかな プレゼントしようかな

そう感じていただければ何よりです。

(さかもっち)

広告
カテゴリー: 100のありがとう風呂のアレコレ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中