入浴木が作られる現場を見てきました!

100のありがとう風呂の入浴木が作られる、尾鷲の森林組合にお邪魔してきました!
中には木を加工する機械や、加工される前のひのきがたくさん。

加工場も、ひのきの山に囲まれた大自然の中にありました。後ろの山から、手前にある木が作られると思うとなんだか感慨深いですね。

こちらは加工する前のひのき。
100のありがとう風呂で使われる入浴木は直径約9㎝ですが、加工される前の間伐材のひのきは15㎝くらいあるそうです。
森林組合の職人さんの手によって一本一本丁寧に削られて、裁断され、磨かれるのですね一つの入浴木が出来上がるまでには、たくさんの過程があるのだなぁと感じました。

実際に100のありがとう風呂で使われる入浴木が作られる現場を肌で感じることができてよかったです^^

夢古道インターン   竹ノ谷

広告
カテゴリー: インターンシップ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中