2013 敬老の日への想い

 

全国の皆さん、こんにちは。
2013年 敬老の日「100のありがとう風呂」プロジェクトのリーダーを
努めさせていただきます、黒あきなです。
夢古道おわせではオープニングスタッフでもあります。

 

画像

私は尾鷲市の中でも山を1つ越えたところにある古江という町で生まれ育ちました。現在の世帯数は285戸程の小さな町です。高齢化がすすみ、私が通った小学校も今は廃校となってしまいました。町全体が親戚・知り合いのような町で、すれ違うときは「おはよう」「こんばんは」は当たり前。いわなければ「愛想ない子~やな」と思われてしまう。どこのお家の子かみんなが知っていて、良いことでも悪いことでもすぐに近所に広まってしまう…。

学生の頃はとても窮屈に感じていたので卒業と同時に、大阪へ就職しました。はじめのうちは楽しかったのですが、元来の人見知りな性格もあり、会社の人としかしゃべっていない毎日に気づきました。マンションの隣りにすむ人の顔も知らない…。しゃべったこともない…。
とても寂しくなってきて2年で尾鷲に戻って来てしまいました。

 

学生の頃には窮屈に感じていた町ですが、自分も結婚し子供ができてからは
少し考えが変わりました。「見られている」町の人の目も「見守ってくれている」と感じるようになりました。私はこの尾鷲でだからこそ安心して子育てができるのだと思っています。今のこの尾鷲をつくってくれたのは私の親の世代であり、おじいちゃんおばあちゃん世代の人たちです。近所で何気なく話しかけてくれるおじちゃん、おばちゃんたちです。

だからこそ今年の敬老の日には、そんな尾鷲の町のおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えれたらと思います。

 

今年は「100のありがとう風呂」の全国拡大のために3人のインターンさんが来てくれました。
彼らとともに夢古道一丸となってがんばります。

 

 

広告
カテゴリー: インターンシップ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中